新しい補聴器
補聴器

聞こえ方

鼻や耳の問題が発生したときは新宿の耳鼻科で治療してもらいましょう。まずは問診票に記入して専門医とカウンセリングをしていきます。

難聴の悩みは補聴器で解決しましょう。放っておいても治る事はありません。だからこそ、早めに気付いて早めの購入を!

老人性難聴という症状があります。名前の通り高齢になるにつれてさまざまな音の周波数に対応できなくなり、聴力レベルが徐々に下がっていきます。少しずつの変化のために本人が軽度や中等度の際に気づかなかったり、家族から指摘されても素直に認めたくない人もいます。周辺の高齢者に声の音量が非常に大きかったり、聞こえないほど小さな声で会話する人がいませんか。本人は自分の声の音量がそのまま聞こえていなく、ややくぐもった音に聞こえてしまっている可能性があります。まか、一人暮らしで生活しているとテレビの音がかなり大きいにもかかわらず、それに気づかないケースがあります。自分で聴力の低下を自覚するには程度が重くなってからか、家族や周辺の人たちがアドバイスを継続的に行う必要があります。

家族や気心の知れた友人たちの助言により、自らの難聴を認めて補聴器を装用しようと考えることが多くあります。難聴は他人からは付き合いが長くないと気が付かないことが多く、難聴の程度が重くなってからでは、補聴器に慣れるのにかなりの時間が掛かります。人によっては補聴器自体を使いこなせない人もいます。80代を過ぎた高齢者の場合、目が見えにくく指先の動きも悪いため、補聴器の操作ができなくなってしまう場合があります。補聴器の操作や音色、補聴器のできる限界を知り、自分の生活のよきパートナーとなるよう、早めの段階で装用を試みるとよいでしょう。最近は重度用の補聴器にも音色の明瞭感など、重度補聴器にはない機能が装備され始めました。将来を考えて一度相談してみましょう。

聞きづらくて日常生活に支障があるなら補聴器を利用してしっかりと音を聞き取れるようにしてもらいましょう。

耳や鼻の病気でお悩みではありませんか?もしそうでしたら、新宿の耳鼻科を利用して下さい。きっと治すことができますよ。

身体の不調は早めの対処が必要です。池袋で耳鼻科を探すならコチラがお勧め!院長の高い治療力でしっかりと完治を目指すことが出来ますよ。

オススメリンク